人形浄瑠璃とくしま座レクチャー&公演「順礼鶴泪子守唄-浄瑠璃+講談+人形

_MG_0022

昨年開催した人形浄瑠璃とくしま座レクチャ―&公演では、

太夫、三味線奏者、そして演劇の俳優など毎回様々なゲストをお招きして、

観客のみなさんと一緒に意見交換をし、

徳島の定番「傾城阿波の鳴門」の新しい演出方法を2年かけて考案してきました。

その集大成として出来たのが「傾城阿波の鳴門順礼歌の段」の番外編【順礼鶴泪子守唄】。

人形浄瑠璃では、母お弓が主人公で、大阪玉造の場面から物語が進行していきますが、

この番外編は、子どものおつるからの視点に代えた作品で、

観客の皆さんからいただいた“主人公をおつるにしてほしい”、

徳島から大阪へ行く道中の場面があるといい”、

“徳島の特産品が出てきてほしい”など面白いアイデアを取り入れ、

人形遣い勘緑さんが脚本を手がけました。

作曲は鶴澤友勇さん(淡路人形座)、

そして物語を進行するのは、太夫の竹本友和嘉さん。

現代語の台詞に挑戦し、情感をたっぷりと語る「浄瑠璃」と、

独特の調子とメリハリ、そして張り扇の効果的な音でテンポよく

物語を展開する講談の掛け合いは必聴です。

今年8月の初公演から、さらにブラッシュアップした本公演を是非お楽しみください。

●出演者   ・浄瑠璃人形遣い 勘緑

       ・太夫/竹本友和嘉、三味線/鶴澤友勇

       ・人形浄瑠璃とくしま座

 

  • 開催日
  • 2017.10.29(日)
  • 開催時間
  • 18:00~19:00
  • 開催会場
  • 徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

住所:徳島県徳島市川内町宮島本浦184

  • 入場料
  • 一般:410円
    高校・大学生:300円
    小・中学生:200円
  • お問い合わせ
  • 徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
    TEL:088-665-2202
    FAX:088-665-3683
LINEで送る