所蔵作品展 徳島のコレクション 2017年度第3期 特集 石丸一・島あふひ兄妹

終了しました

現在の小松島市立江町に生まれた兄妹で画家だった石丸一(1890-1990年)と島あふひ(1896-1988年)の仕事を紹介します。兄は関西の前衛美術を牽引するトップランナー、妹はキリスト教への深い信仰を込めた作品を発表しました。お互いの存在を気にかけ、画家として尊敬し合う兄妹でした。

20171202石丸一<山>20171202島あふひ<月光聖母子>

  • 開催日
  • 2017.12.02(土) 〜 2018.04.15(日)
  • 開催時間
  • 9:30~17:00

住所:徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園

  • 入場料
  • 一般:200(160)円
    高・大学生:100(80)円
    小・中学生:50(40)円
    ○( )内は20名以上の団体料金
    ○65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が無料になります。
    ○身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
    ○小・中・高生は土・日・祝日・振替休日、学校の春・夏・秋・冬休み期間の観覧料が無料になります。
    ○大学生・一般は、祝日および振替休日の観覧料が無料になります。
    ○以下の期間はどなたも観覧料が無料になります。
    ◆とくしま文化推進期間:11月3日(金・祝)~19日(日)
    ◆関西文化の日:11月3日(金・祝)~19日(日)、23日(木・祝)
  • お問い合わせ
  • 徳島県立近代美術館
    TEL:088-668-1088
LINEで送る