中林梧竹の篆書と隷書

終了しました

“明治の三筆”に挙げられる書家・中林梧竹。篆・隷・草・行・楷の五書体をよくしたことから“書聖”とも呼ばれています。今回は梧竹の篆書と隷書に焦点を当て、当館所蔵の逸品16点を展示します。2度の中国留学における金石碑文研究を基に創造したユニークな篆書や、モダンな隷書をお楽しみください。

  • 開催日
  • 2019.06.18(火) 〜 2019.10.01(火)
  • 開催時間
  • 9:30~17:00
    ※休館日 / 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日。8月12日は開館)

住所:徳島県徳島市中前川町2丁目22-1

  • 入場料
  • 一般:300円(240円)
    高校・大学生:200円(160円)
    小・中学生:100円(80円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※小・中・高校生は、土・日・祝日と夏休み期間中は無料
    ※65歳以上の方と各障がい者手帳をお持ちの方は半額
LINEで送る