特別展「人形芝居の道具・大谷座」

_MG_6882襖絵龍

徳島は日本で最も多くの人形座が活躍する人形浄瑠璃の国。
各座の特色ある活動を紹介し、阿波人形浄瑠璃の魅力を広めることを目的に「阿波人形浄瑠璃の世界」を開催します。
 第4弾となる本公演では、徳島市大谷町を拠点に天保年間に発足したといわれる「大谷旭源之丞座」が出演します。180年程の歴史を持ち、昔から伝わる「阿波の手」といわれる大きな動きを特徴とした遣い方を伝承しており、徳島の名人といわれた人形師天狗久の頭(かしら)をはじめとする貴重な人形や道具も多数所有しています。
特別展「人形芝居の道具・大谷座」(11/15~11/24)では、
人形はもちろん衣装や様々な小道具、舞台下駄、背景に使う大きな幕や襖衛もございますので、大谷座の宝とも呼べる歴史ある人形や道具など、普段ご覧いただけない資料数々を併せてご覧ください。

また伝統ある大谷座は、国内外でオペラや演劇、人形劇を学んだ田所俊一氏と出会い、ミュージカルに出演するなど、果敢に新たな取り組みにも力を入れており、今回は、昔ながらの阿波人形浄瑠璃の公演と、ユネスコ無形文化遺産にも登録されているイタリアのシチリア人形劇との共演をみなさまにお楽しみいただきます。

■公演■

日時/ 2019年11月17日(日)15:30~17:00
プログラム/ 〇阿波人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門 十郎兵衛内の段」
太夫:藤原若水、
三味線:竹本友和嘉
人形:大谷旭源之丞座

○シチリア人形劇「狂えるオルランド」
人形操演:ルカ・ローマ、田所俊一、大谷旭源之丞座

 

  • 開催日
  • 2019.11.15(金) 〜 2019.11.24(日)
  • 開催時間
  • 9:30~17:00
  • 開催会場
  • 徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

LINEで送る